FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
糖尿病の悪化を防ぐことも食事療法の目的です!
糖尿病

3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。沿うした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹中枢が満たされたりするからです。忙しいとき、シゴトの合間に5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。食物繊維は血糖値を下げる作用を促しますので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。糖質が多くふくまれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)です。1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病が、主な糖尿病の種類です。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しており発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。始めは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、その状態が継続、悪化してしまうと多彩な合併症を誘発します。2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活を見直さなければ治療へと進めません。糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。あまたの食品群にはさまざまな栄養素がふくまれており、それらを適量摂取することが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。食品交換表では私たちが日常食べている食品を、栄養素が多くふくまれる種類によって、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、80kcal(1単位)のエネルギーを含む食品の重量を掲さいしています。毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、献立づくりの悩み解消にもなります。インスリン(糖尿病の治療には欠かせません)の作用は年齢と伴に低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。血糖値の上昇につながる原因の一つです。食事の後は一段と、ブドウ糖が急激に体内へ吸収されるため血糖値が上がります。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。食事の際、野菜から先に食べる食事法です。食物繊維が多量にふくまれたゴボウやキャベツなどの野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。ご飯や麺類などの炭水化物にふくまれる糖質をゆっくりと吸収するため、体内にブドウ糖が取り込まれるのを和らげます。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと大抵の患者さんは捉えます。ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、決して食べられないという食品はないでしょう。普段の食事とは異なるメニューが「食事療法」という理由ではなく、食べ物にふくまれるさまざまな栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを意識することが目的となります。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、一般の健康な方たちにすごく必要なことなのです。糖尿病とは、血糖値を下げるインスリン(糖尿病の治療には欠かせません)というホルモンの機能が悪化し、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり体重・血圧(ストレスを感じていると上昇し、リラックス時にはやや下がるそうです)・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生するさまざまな病症からの回避につながり、健康的な心とからだを保ち、満たされた人生を送れるように努めることです。適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防に持つながります。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、1日20単位の食品と交換可能ですが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大事です。みんながよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には掲さいされています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、食べるタイミングを間ちがえると状況次第では低血糖になる怖れがあるので注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)が必要です。日々の献立造りに変化を取り入れたり、上手な外食の仕方をおぼえて、食事療法を豊かにして下さい。日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「なぜか食生活改善の必要性は感じるけど、実行できていない、スポーツもナカナカできる時間がない」と思っている人も多いでしょう。自覚症状のない病気の場合は、考えを改めることはナカナカできません。ですが、糖尿病の中でも境界型という段階になると、多彩な体調の変化が顕れてきます。体内の重要なホルモンのうち、血糖値を下げるために欠かすことのできないインスリン(糖尿病の治療には欠かせません)が血中での異常な変化を示すことは、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。一日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯の量を少なくすることが大事です。若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。すなわち、糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当とご飯の量を減らすことを、指導しています。「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食品持たくさん摂りましょう。2型糖尿病や肥満のリスクを避けるためには体内時計を整えておく必要があります。毎日の睡眠や体温、また体内の血圧(ストレスを感じていると上昇し、リラックス時にはやや下がるそうです)や糖代謝・脂質代謝など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、「体内時計」に大きく左右されます。「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」を表したものです。「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、「食べるタイミング」といった体内時計の観点をプラスし、食事のリズムと効果の関わりについて研究する新しい分野です。
スポンサーサイト

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2018/12/19 13:28】 | 腎臓病宅食サービス | page top↑
腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、余分な毒素
腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、慢性腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられたりするのです。食事療法・食事制限の難しさはけっして病理制限の内容ではないですよね。

食事療法・食事制限については、患者が自ら積極性を持って努められる最善克つ最短の治療手段なのです。肉・魚・卵・豆腐に関してはなかなかのたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)がふくまれていますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。

甘い食べ物に関しても案外多くのたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)が入っていたりします。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、重要以上にたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を摂取してしまいます。


例えば、ショートケーキひとつには卵1個分と同程度のたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)が内包されています。
浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。
こうした際の病理制限は、飲料水に限らず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫がなかったり軽い場合は病理制限を設ける項目は塩分だけになります。
この場合の水分病理制限は病気(先天的なものも少なくないでしょう)の状態や尿量を踏まえて医師が決めます。


脱水になるとかえって腎臓の機能低下につながるので自身のみの判断で制限をおこなうのは宜しくありません。日々の食事で得立たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、老廃物は尿として排泄されます。
過度にたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。



腎機能を維持する上で、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の摂取量を抑える重要があるようです。

ですが、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)は人体にとって重要不可欠な栄養源なので、一定値は摂取しないといけません。腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て正常な血流がおこなわれず、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。

同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に加算されていきます。



結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。
なのでしっかりと食事療法・食事制限を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量体内に供給しつづける事が求められます。人間の体にとって重要な3大栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)に糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)・たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)・脂質があるようです。糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)に限っては分解されても約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負荷が及びます。


なので、意図的にたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の摂取量を抑える重要性があるようです。

健康を損なわない最低限度のたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分に変換した場合30〜40gとなります。

慢性腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を抑えられる特殊食品が販売されています。



こうした製品をうまく活用する事で徹底した食事管理を行えます。
腎臓の機能が落ちていく程、今よりも力を入れて食事を徹底しないとなりません。



この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー病理制限も伴います。自己の判断で適当に献立を決めずに、医師や管理栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。慢性腎臓病を患った方がおこなう食事療法・食事制限のポイントは、なるべく腎臓病を症状進行指せない事と、現在の健康状態のキープです。



人工透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法によって腎不全が進行しないようにできますし、人工透析導入を遅らせることができます。

更に言えば、人工透析開始後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法・食事制限は重要不可欠です。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、個々の食品や調理をおこなう際の水量・形状・処理時間次第で変動します。

一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、加えて搾る作業をおこなう事で、カリウムは減らしていけます。
クレアチニンは筋肉中にある物質からつくり出される老廃物で、腎臓でろ過されたあと尿と一緒に体外へ出されます。
クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。

筋肉量が少なくなれば、合わせてクレアチニンの数量も減るりゆうです。
その他で言うと、妊娠時には、尿と一緒に出されるクレアチニンの度量が多くなるため、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。

【2018/04/18 00:01】 | 腎臓病宅食サービス | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。