スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、余分な毒素
腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、慢性腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられたりするのです。食事療法・食事制限の難しさはけっして病理制限の内容ではないですよね。

食事療法・食事制限については、患者が自ら積極性を持って努められる最善克つ最短の治療手段なのです。肉・魚・卵・豆腐に関してはなかなかのたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)がふくまれていますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。

甘い食べ物に関しても案外多くのたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)が入っていたりします。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、重要以上にたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を摂取してしまいます。


例えば、ショートケーキひとつには卵1個分と同程度のたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)が内包されています。
浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分のみでなく水分の調整も求められます。
こうした際の病理制限は、飲料水に限らず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫がなかったり軽い場合は病理制限を設ける項目は塩分だけになります。
この場合の水分病理制限は病気(先天的なものも少なくないでしょう)の状態や尿量を踏まえて医師が決めます。


脱水になるとかえって腎臓の機能低下につながるので自身のみの判断で制限をおこなうのは宜しくありません。日々の食事で得立たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、老廃物は尿として排泄されます。
過度にたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。



腎機能を維持する上で、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の摂取量を抑える重要があるようです。

ですが、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)は人体にとって重要不可欠な栄養源なので、一定値は摂取しないといけません。腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て正常な血流がおこなわれず、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。

同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に加算されていきます。



結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。
なのでしっかりと食事療法・食事制限を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量体内に供給しつづける事が求められます。人間の体にとって重要な3大栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)に糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)・たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)・脂質があるようです。糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)に限っては分解されても約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負荷が及びます。


なので、意図的にたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)の摂取量を抑える重要性があるようです。

健康を損なわない最低限度のたんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分に変換した場合30〜40gとなります。

慢性腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質(学術用語として表記する場合には、「タンパク質」になります)を抑えられる特殊食品が販売されています。



こうした製品をうまく活用する事で徹底した食事管理を行えます。
腎臓の機能が落ちていく程、今よりも力を入れて食事を徹底しないとなりません。



この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー病理制限も伴います。自己の判断で適当に献立を決めずに、医師や管理栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。慢性腎臓病を患った方がおこなう食事療法・食事制限のポイントは、なるべく腎臓病を症状進行指せない事と、現在の健康状態のキープです。



人工透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法によって腎不全が進行しないようにできますし、人工透析導入を遅らせることができます。

更に言えば、人工透析開始後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法・食事制限は重要不可欠です。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、個々の食品や調理をおこなう際の水量・形状・処理時間次第で変動します。

一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、加えて搾る作業をおこなう事で、カリウムは減らしていけます。
クレアチニンは筋肉中にある物質からつくり出される老廃物で、腎臓でろ過されたあと尿と一緒に体外へ出されます。
クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。ですから、比較的に女性よりも男性の方が高めの値が出るのです。

筋肉量が少なくなれば、合わせてクレアチニンの数量も減るりゆうです。
その他で言うと、妊娠時には、尿と一緒に出されるクレアチニンの度量が多くなるため、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。

スポンサーサイト
【2018/04/18 00:01】 | 腎臓病宅食サービス | page top↑
人体に重要な3大栄養素に糖質
人体に重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。



糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7〜8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に少なからず腎臓に負担が出ます。
それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。
健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日換算で約30g〜40gです。


お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎに注意が重要な食品です。

甘い味付けの食べ物には思ったより数多くのたんぱく質が含まれているのです。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して創られているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があるでしょう。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個に近いたんぱく質が含まれている所以です。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を含んだご飯を創る場合、細かく切り分けて水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。

茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、その種類(時には新しく発見されることもあるようです)や調理するときの水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。



一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。
細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。腎臓病では 糸球体がおかされるために普段通りに血液が通わなくなり、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内で増加し始めます。


こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧(高ければ高いほど危険だといわれていますね)を引き起こす危険性が出てきます。
なのできちんとご飯療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量体内へと送りつづける重要があるのです。
クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に達してろ過された後尿と合わせて体外へ除去される成分です。
クレアチニンの量は、筋肉や運動量と密接に関わってきます。

そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉が衰えてくると、合わせてクレアチニンの数量も減るわけです。

その他で言うと、妊娠時には、尿と供に出されるクレアチニン量が増加するため、クレアチニン値が低くなります。

浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分以外に水分の病理制限も付随してきます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品中における全水分が相当します。


浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合病理制限を設ける項目は塩分だけになります。

水分量の病理制限については病状や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。


脱水は腎臓機能を症状進行させる要因になるので自身のみの判断で病理制限を行なうのは宜しくありません。
腎臓病でもご飯療法が適切であれば、余分な毒素や老廃物を追い出しやすい体質に変わります。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、慢性腎臓病の症状進行のペースを遅くできます。
だいぶ効果が出た場合には、慢性腎臓病が進行しなくなっ立と言ってもいい程遅らせることが出来ることもあります。
ご飯療法は難しいと思われがちですが、決して病理制限の内容が難しいと言う事ではありません。
ご飯療法に関しては、患者が自ら自発的に実行できる一番の治療行為です。ご飯によって獲得したたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。
血液は腎臓の内部で分離され、老廃物は尿として排泄されます。
たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。

腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る重要があります。
とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、適量は摂り入れるようにしましょう。
腎臓病を患う方におすすめしたい、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。

こう言った食品を適切に摂り入れる事で、その通りでは難しいご飯病理制限が行ないやすくなります。

腎臓機能が下がっていくに従い、今以上に考えてご飯を管理する重要があります。



この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー量にも病理制限が生じます。


ご飯内容は自己流で判断せずに、医師や管理栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。
慢性腎臓病を患った方が行なうご飯療法のポイントは、なるべく慢性腎臓病を症状進行させない事と、良好な体調の存続です。人工透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、ご飯療法をもとに腎不全への進行を遅らせることができ、人工透析を始める時期を遅くしていけます。

更に言えば、人工透析開始後も、体調を維持しながら人工透析に当たるために、ご飯療法は重要視されます。




【2018/04/11 13:35】 | 腎臓病宅食サービス | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。